みふゆの狭い世界

40代、主婦です。持病があって仕事には行けません。毎日、時間だけはあります。平凡な日常です。

読書の秋…

この前、久しぶりに本を買って読みました。
最近映画化された、東野圭吾さんの『ナミヤ雑貨店の奇蹟』です。
もう5年位前の小説なんですね。

今回、映画を観ようかとも思ったのですが、本屋さんでたくさん積まれているのを見て、やっぱり先に本で読んでみたい…と思って購入しました。

感想を書くのは苦手です…。
でも、とにかく色んなことが繋がっていくところがすごい…ファンタジーの中にリアルが…そして最後に前向きな気持ちになれるところが良かったです。

ただ、“涙する感動作!”みたいに言われている割には、私は涙しなかったです。
途中でうるっとくるところはあったんですが。
あと、ジーンともしました。

映画ではどうなっているのか、ちょっと気になります。
映画の方が泣ける感じなのかな?

東野圭吾さんの本、読んだ作品は少ないのですが、昔から白夜行が好きです。
ドラマや映画も観ました。
暗い気持ちになるけど、話の展開と、主人公の雪穂の強さに惹かれました。
でも今はあんまり読みたいとは思わない…。
気分が沈みそうだからです(笑)

だけど、本を読むのは楽しいですね。
その世界に入り込む感覚が何とも言えないと言うか…。
久しぶりに読んだら、また何か読みたくなって…
また探してみようと思います。